水素たっぷりのおいしい水 名水百選

なぜ水素水は健康のいいの?


テレビや雑誌で話題の水素水というのは、水素が小さな粒のまま水に混じっている水のことです。

水素の小さな粒というのは、原子のことで、この水素原子が二つ結びついて水素になります。


人間の細胞の中にはミトコンドリアという器官があります。

大きさは直径約0.001ミリほどのサイズですが、私たち人間が活動するためのエネルギーがそこで作られるのです。


そのメカニズムですが、ミトコンドリアは私たちは取り込んだ食物の中にある糖分と肺から取り込んだ酸素を反応させることで、エネルギーが作られます。


非常に小さな器官なのですが、大切な役割を果たしています。


ミトコンドリアがエネルギーを造る際に、ミトコンドリアの数が少なくなると、エネルギーがうまく作れなくなり、電子がこぼれてしまうことがあります。

そのこぼれた電子が酸素と結合すると「活性酸素」が作られるのです。


活性酸素には、免疫として作用する「善玉」の活性酸素がありますが、細胞や遺伝子を傷つけ老化や病気の原因となる「悪玉」の活性酸素があります。

いわゆる「体の錆び」ってやつですね。


水素にはこの悪玉活性酸素に反応して、悪玉活性酸素を水にすることで体を酸化(錆び)から守る抗酸化作用があります。


水素のその他の機能として、炎症を抑える「抗炎症作用」や、アレルギーを抑える「抗アレルギー作用」もあります。


このように水素はいろいろな形で私達の体の役に立っているようです。

体に良いけど、美味しいことも大切!


このように水素水は私たちが健康を維持するのに、大切な役割を果たしてくれることが判りました。

しかし、おいしくないとなかなか飲み続けるってことも難しくなりますよね。

毎日、飲むものなので水素水を選ぶときは、飲みやすさも重要なポイントになりそうです。


メロディアン社の「水素たっぷりのおいしい水」は、飲みやすさにもこだわり、山口県岩国市錦町の天然水を使っています。

錦町には全国名水百選に選ばれた名水である寂地川はを源流とする錦川が流れています。


銘仙百選とは環境省が全国各地の湧水や河川の中から、水や周辺環境の保全状況、規模、希少性、知名度などの視点から選んだもので、ただ単に水が住んでいるだけでなく、そこに暮らす人たちの努力も評価しているのです。


この錦町の天然水は、硬度が44の軟水でカルシウムやマグネシウムが豊富で飲みやすくなっています。



水素水は、水に水素の原子がどのくらい含まれているか、「水素濃度」で商品の品質が評価されます。

水素たっぷりのおいしい水は、錦町のの天然水に、メロディアン社が独自に考案した「スーパーマイクロナノバブル製法」で水素を混ぜあわせることで、業界でもトップ水準の2.7ppmの水素濃度が実現しました。


おいしい天然水と独自技術による高濃度の水素。これは商品を選ぶ大きな決め手になりますね。







 

サイトマップ

サイバーエージェントFXで口座開設